ブログ

針葉樹と落葉樹の製材

製材とは、厚さ100 mmまでの針葉樹種の板やスラットを意味し、全体として使用したり、部品や完成品に加工して建設することを目的としています。

製材された木材は、幅が厚さの2倍を超えるボードと、幅が厚さの2倍を超えないスラットに分けられます。薄い板の厚さは35mmまで、厚い板の厚さは35mmを超えます。

加工の性質に応じて、製材は、両方の狭い側が全長またはそれぞれの長さの少なくとも半分に沿って処理されるトリミングと、狭い側がまったくトリミングされないか、半分未満の長さでトリミングされる非トリミングに分けられます。完成した材料と切断されていない材料の両方の広い側面は、全長に沿って処理する必要があります。

木材の品質とその処理に応じて、製材は次のクラスに分類されます。prima-extra、I、II、III、IVV.

クラスごとの製材の以下の分布が決定されました。

建設のための I、II、III、IV、V
造船用 I、II、III
ワゴン建設用 I、II、III
橋梁建設用 I、II、III
車を作るには I、II、III
貨物車の建設に II、III、IV
家具作りに I、II、III、IV
船の部品を作るため I、II、III
木製パイプ作りに I、II
木製包装用 II、III、IV、V

木造建築用の製材のクラスは、設計基準に対応している必要があります。

製材された木材は、松、トウヒ、カラマツ、杉、モミの木から作られています。製材の長さは、0.25m増加して1から6.5mの範囲であり、造船および橋梁建設の場合、同じ長さの増加で最大9.5mです。

ボードの厚さは13、16、19、22、25、30、35、40、45、50、55、60、65、70、75、85、90、100 mm、幅は50〜260mmです。各10mm;ビレット25、30、35、40、45、50、55、60、65、70、75、80、90、100 mm厚、50〜200 mm幅、10mm刻み。製材された木材の幅と厚さは、水分含有量が15%の木材について決定されました。湿度が高い場合、カラマツを除くすべての種類の木材の製材は、有効な基準に従って乾燥するため、過剰になっている必要があります。カラマツの場合、乾燥による過剰重量は、松、トウヒ、杉に関連する基準からの値の30%増加します。製材された木材の寸法偏差は、次のように決定されました:

  • 長さ:±5cm
  • 35mmまでの厚さ:±1mm
  • 厚さと幅が40〜100 mm:±2 ''
  • 105〜210 mmの幅:±3 ''
  • 210 mmを超える幅:±4 ''

製材の湿度は標準化されていません。

針葉樹種の4面および両面のビームの厚さは110〜240mmです。 4面ビームの場合は4面すべてを加工する必要があり、両面ビームの場合は2面のみを加工する必要があります。梁の長さは1から6.5mまで0.25mの増加で決定され、造船と橋の建設では同じ長さの増加で9.5mまで決定されます。鉄道橋に使用される梁の長さは3.2です。 4.2;と5.2メートル。 4面ビームの幅と厚さは110〜240mmの範囲です。鉄道橋用のビームは200x240の厚さと幅で作られています。 220 X260および220X 280mm。両面ビームの切断面の幅は標準化されていません。ビーム寸法は、湿度15%の木材について決定されています。湿度が高い場合、有効な基準に従って乾燥するため、カラマツを除くすべてのタイプのビームを過度に乾燥させる必要があります。カラマツの木の梁の場合、乾燥によるオーバーシュートは、松、トウヒ、スギ、モミに規定された基準に比べて増加します。鉄道橋の梁もオーク材で作ることができます。

木の梁の品質に応じて、4つのクラスに分類されます。 I、II、IIIおよびIV。特定のエンジニアリング構造および要素に使用されるクラスは、構造および要素の適切な標準および技術条件によって規定されます。

クラスIビームは、鉄道橋や農業機械に使用されます。クラスIおよびIIのビームは、ウィンチで30日未満エージングする前に配送しないでください。

品質の面では、木材は規格の要件を満たしている必要があります。硬材で作られた厚板、スラット、梁は、さまざまな工業生産や建設のさまざまな要素のために、全体と短い部分の両方で使用されています。

製材された木材は、オーク、アッシュ、ブナ、バーチ、チャブ、ホーンビーム、ニレ、アルダー、アスペン、リンデン、ポプラなどで作られています。幅が厚さの2倍を超える厚板、幅が厚さの2倍以下のスラット、厚さと幅の両方が100mmを超える梁に分けられます。カットされた素材は、厚みに応じて35mmまでの薄いものと35〜40mmの厚いものに分けられます。

処理の特性に応じて、カットされた材料は次のように分割されます。エッジ付き。4つの側面すべてが処理され、カットされていない側面のサイズは許容寸法を超えません。ノーカット。幅の広い側が切り詰められ、幅の狭い側が切り詰められます。または、ノーカットの幅の狭い幅の広い側の寸法が許容値よりも大きくなります。

製材の寸法は次のとおりです。長さ1〜6.5 m、0.1m増加。厚さ-7、10、13、16、19、22、25〜50 mm(5 mmの増加)、50〜130(10 mmの増加)。幅50mm以上、10mm増。カットされていない素材の幅は、与えられた素材の長さの中央で測定された、2つの広い辺の幅の半分の合計です。ここで、0.5 cmまでのパーツは含まれず、0.5cm以上は1cmとしてカウントされます。製材された木材の厚さと幅の寸法は、15%の木材水分に対して決定されました。湿度が高いときは、都会の海を切ります 乾燥により過剰になります。

切断された材料の湿度は25%absを超えてはなりません。木材の欠点、加工の純度、精度に応じて、I、II、III、IVの4つのクラスでさまざまな素材が作られています。

 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください