ブログ

ゲートウェイストロークサイズ

シャフトの回転数によって、ゲートの生産性の大きさが決まります。回転数が多いほど、同じゲート速度での生産性が高くなります。ただし、事前の計算がなければ、シャフトの回転数を増やす必要はありません。これは、垂直方向の慣性力が大幅に増加し、ブレーカーが故障する可能性があるためです。シャフトの回転数は、最新のゲートでは1分あたり200〜350の範囲です。のこぎりを締めたフレームが上下に動き、丸太がカットされます。ゲートフレームが最低位置から最高位置に移動するパスは、ゲートウェイストロークサイズ。

ストロークサイズはゲートの生産性に影響します。同じ回転数でストロークが増加すると、ゲートの生産性が向上します。ストロークサイズは、事前に計算が行われている場合にのみ増やすことができます。

ステップ-シフトは、のこぎりシャフトが1回転する間の丸太の動きです。駆動モーターの出力に応じたステップのサイズは、次の形式で決定できます。

Δ= 140N /Σhnmmここで、Δはゲート軸の1回転中のログまたはビームのピッチmmです。 N-エンジン出力kx s; Σh-丸太の長さの中央にある切り込みの高さの合計。 h-丸太の長さの中央にある切り込みの高さの合計、m; n-ゲート軸の回転数、最小。

カットの高さの合計は、パターンΣh=αxdで計算できます。srx z、ここでαはカットの平均高さを特徴付ける係数であり、ログをカットするときに0.65〜0.80と見なされます。ビームを切断する場合、この係数は1に等しくなります。 dsr-丸太の真ん中の直径; z-フレームで締められたのこぎりの数。

オークを細断する場合、変位のサイズは、表1に示す松とトウヒの変位の60%、カラマツの場合は85%、ブナの場合は70%、バーチの場合は80%です。

表1:松とトウヒを切断するときのストローク500mmの垂直鋸のデータ

D 10〜12 13-14 15-16 17-18 19-20 21-22 23-24 25-26 27-28 29-30 31-32 33-34 35-36 37-38 39-40 41-44 45-48
α
0 33 33 31 28 26 24 22 20 19 17 16 15 14 13 12 12 11
100 - - 32 29 26 25 23 20 19 17 16 15 14 13 12 12 11
120 - - - 30 27 26 24 21 19 17 16 15 14 13 12 12 11
140 - - - - 28 26 24 22 20 17 16 15 14 13 12 12 11
160 - - - - - 27 24 23 21 18 17 16 15 14 13 12 11
180 - - - - - - 25 24 22 19 17 16 15 14 13 12 11
200 - -   - - - - 24 23 20 18 16 15 14 13 13 11
220 - - - - - - - - 24 21 19 17 15 15 13 13 11
240 - - - - - - - - - 22 20 18 16 15 14 13 11
260 - - - - - - - - - - 21 19 17 16 14 14 12
280 - - - - - - - - - - - 21 18 16 15 14 12
300 - - - - - - - - - - - - 20 16 16 15 12

 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください