ブログ

デスク

勤務地と作業テーブル

働く場所
 
ツールの組み立て方法
 
それは実際に非常に重要であり、機器やツールの適切な保管、何すばやく見つけることができます私たちが探している部分、そして同じことをするために使用後は元に戻してください。その上、私たちはとても簡単に見つけることができます足りない部分があればどこかで忘れて、友達に貸して、またはおそらく失われました。のためにさびを防ぎます、あなたは常に避けるべきですツールを屋外に保管するには、食器棚や湿った部屋。最も実用的解決策は、製造または調達することです適切な寸法の食器棚ツールだけでなく、釘などのすべての小さな材料、ネジ、接着剤、シール。ツールを使用します中に入ることによって場所キャビネットの側面はさまざまなものを固定します適切なウェッジ、フック、ボルト穴やその他のリテーナ付き。いつツールを一度並べ替えたら、描画します個々のツールの鉛筆プロファイルはい私たちはそれを着ることを避けます別の代わりに、または私たちのために行かないシリーズ全体を手作業で並べます。のような小さな寸法の機器千枚通し、タップ、タップ、ドリル、可能であればマーカーに保存します固体金属または木ボックス。いくつかの機器も購入自体はすでにからパックされていますトーキングボックス(一連の固定キーパイプ、フィット感のあるニードリルアクセサリー)。その場合までボックスにマークを付けたいだけです食器棚に保管します。
 
持っている場合恒久的な職場、私たちができるツール大きな穴あきを使って壁に掛けるそれが押し込まれる初期のプラスチックプレートmo適切なフック、ステープル、kli新規およびその他の保持者。それでも、それでも1つまたは2つの保持キャビネットより細かい材料のリスティ。
 
作業台(カウンター)
 
多くの仕事は顔で行われます場所(インサートの配置、プラグ壁のva、電気または配管)、だからしましょうより頻繁に、誰かの必要性を示していません仕事のための、または仕事のための平らな表面テーブル。他の多くの場合しかし、お茶(誰かを直してください電化製品、引き出し、構造家具またはその部品、機械的修理、小さなティンスミススキーや鍛冶屋の仕事)が必要ですそうでない場合は、表面を機能させ、机を作ります。
 
より大きなプロを持っていない人のためにstoromと多くのことをしない、最善と最も安価な解決策は、ファームウェアを入手することですstu、装備する木の板去り、物語のためのいくつかのシステムリビングルームのテーブルで働いて、キッチンまたは他の場所。しかし、ワークトップ大きくすることができます(メートルそして1メートル以上)あなたは簡単にできます誰かに使用した後に置くクローゼットの後ろ、またはパントリーの壁にもたれかかる。プレート何でどんなテーブルにも固定しますタイヤが事前に挿入されているか、テーブルが損傷しないように生地。そのとおりかなり広い面積が得られました仕事のために、私たちが取り付けることができ、クランプまたはその周りのマシンのいずれかすぐに話します。
 
家の中にスペースがあればまたは補助部門では、(部屋の仕切られた部分、洗濯室または屋根裏部屋)そして私たちはより頻繁に誰かと取引します趣味から、仕事用のプロのデスクを選ぶことができます。サイズと仕事の種類で最も多いフィット。それは選択することができます典型的な大工のカウンターの間すでにプーリー(プライト)が付属していますgom)ボード、スラブを保持するためおよびその他の材料とベローズニッチ、錠前屋の仕事、鋼の詐欺構造とワークトップ付き。
 
プレートはお互いで作られていますしっかりと組み立てられたビレット、厚さあなたができるように数インチ強い打撃に耐え、大きな打撃を運ぶために締め付けおよびさまざまな機械(ラウンドグラインダー、ロータリーソー、テーブルエレクトリックブスパイク株式会社)。
 
その間の1つの興味深い解決策固定テーブルと補助プレートは十分な露出度の高いデスクしっかりしていて大きい。したがって、私たちはできるあるパントリーまたは別のパントリーの後ろで刈り取る宿泊施設。このセミプロフェッショナルテーブルスペースの問題を完全に解決し、同時に、ネオップである良い状態で動作します仕事を成し遂げるために歩きなさい。
 
ツールキャビネット 
デスク
 
誤解がしばしば発生する可能性がありますワークベンチと仕事になるとテーブル。大工と錠前屋の論文それは古典的なプロ、クラフトですlijskiデスク、したがって特定サイズと重さ、そしてすべてのツール彼らがスライドするとき、それは彼らと一緒に行きますクランプ、ディスク取り付け穴プレーニングなどに。しかし、今日、デスクトップは私と一緒に製造されています床または木製のワークトップその上にあるように作られています彼らは非常に正確な処理を行うことができます木または金属のいずれかと使用その他の機械:回転モーターそれらはのこぎり、製粉機などのみ恒久的な機械または電気付属品固定ドリルすでにそのために提供されている場所でテーブル。そのようなテーブルはしばしばđice、またはプレート自体が変わる可能性があります角度、そのように鋸引きまたは掘削正確に定義された角度で問題ありません。たくさんそのようなテーブルのgeタイプは今日です分解して、前にすることができます場所から場所へ運ぶ。その上それらはすべてサイズがはるかに小さいです屋台よりも一般的に生産されていますアマチュアのためだけに、様々な修理を扱う趣味から家事。
 
大工のカウンター

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください