ブログ

木製寄木細工

寄木細工の床は床を覆うための木の板で構成されており、額は適切にトリミングされ、4つの側面が覆われ、特別なプロファイルの狭い側面があります。

 

寄木細工の床は、通常の板から切り取られた板(フリーズ)でできています。これらのボードの寸法(mm)は次のとおりです。

  • 長さ170の場合.................................. 40-80
  • 長さ220の場合.................................. 40-85
  • 長さ270の場合.................................. 40-95
  • 長さ320の場合.................................. 40-95
  • 長さ370の場合.................................. 40-95
  • 長さ420の場合.................................. 50-95
  • 長さ470の場合.................................. 50-95
  • 長さ520の場合.................................. 60-95

ブナとバーチのボードの幅は75mmを超えてはなりません。オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビームの傾斜したエッジを持つこれらの寄木細工の板の厚さは16mmで規定されています。カラマツ、バーチ、パインの傾斜したエッジを持つ寄木細工の場合-22 mm;オーク、アッシュ、ホーンビームで作られた羽と溝のある寄木細工の場合-22 mm;カラマツ、バーチ、パインで作られた羽と溝のある寄木細工用-25mm。

厚さ、幅の寄木細工板の寸法は、湿度15%の木材に採用されました。木材の湿度が高い場合、ボードは乾燥のために過剰になっている必要があります。長さ±5mm、幅と厚さ±1 mmの場合、規定の寸法からの逸脱が許容されます。
寄木細工の板は、オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビーム、カラマツ、バーチ、パインで作られています。松の板は放射状にカットする必要があります。厚板の表面に向かうリングの線の傾斜角は45以上でなければなりません0。 5月1日から10月1日までの期間に配達されるブナとバーチボードの湿度は25%を超えてはなりません。寄木細工の板はIクラスとIIクラスで作られています。寄木細工のエッジプロファイルは異なります。

20190730

Sl。 9.マスチックの上に置くための傾斜したエッジのある寄木細工:オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビームの-。

b-カラマツ、松、白樺の

a)ボードにまっすぐな傾斜エッジがある場合、傾斜エッジのある寄木細工。寄木細工の床を敷くとき、これらの板はマスチックコーティングの上に置かれるか、薄い釘で固定され、カラマツ、松、白樺(図9、b)のようにオーク、灰、カエデ、ブナ、ニレ、ホーンビーム(図9、a)でできています。 ;

b)ボードの端に溝があり、寄木細工を敷設するときに相互接続のために接続スラットが挿入される、溝のある寄木細工(図10)。

20190730 1

Sl。 10.溝のある寄木細工:

a-オーク、カエデ、アッシュ、ブナ、ニレ、ホーンビーム。 b-カラマツ、松、白樺の

20190730 11

Sl。 11.リベート付き寄木細工:

a-オーク、カエデ、アッシュ、ブナ、ニレ、ホーンビーム。 b-カラマツ、松、白樺の

c)板が端に斜めのリベートを持っている場合、リベート付きの寄木細工。これは、寄木細工が置かれているアスファルトとの接続に役立ちます(図11)。

e)羽と溝のある寄木細工は、ボードに羽と溝がある場合(図12)、オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビームからのみ表現できます。

 

20190730 12

Sl。 12.羽と溝のある寄木細工

a-オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビーム。 b-寄木細工を結合するための接続ストリップ

寄木細工の寸法は次のとおりです(mm単位)。

長さ 5mm増加した幅
150 35〜75
200 35〜80
250  
300 35〜90
350  
400 55〜90
450  
500 55〜90

ブナとバーチの寄木細工の幅は70mmを超えてはなりません。生産廃棄物を使用する場合、溝のある寄木細工のほか、22mmの厚さの羽と溝のある寄木細工を作ることができます。この場合、寄木細工の着用部分の厚さを12〜13mmに増やす必要があります。接続スラットの寸法は30x 14 x 4mmです。

寄木細工の長さ、幅、厚さの規定寸法からの逸脱は、±0.3 mm、ラスの幅±2 mm、ラスの厚さ±0.1 mm:ラスの長さ±0.5 mm、幅±2mmで許容されます。 、厚さ±0.1mm。
寄木細工の床は、オーク、アッシュ、メープル、ブナ、ニレ、ホーンビーム、カラマツ、パイン、バーチで作られています。パイン寄木細工は、ボードの表面に対するリングの線の傾斜角度が45を超える放射状のカットでのみ作成されます。0。接合スラットは柔らかい木でできています。寄木細工とスラットの木材の湿度は8%で、許容誤差は±2%である必要があります。
寄木細工には、IとIIの2つのクラスがあります。

バテンの木は、腐敗やひび割れがなく、丈夫である必要があります。また、バテンの木は、これに加えて、結び目がないようにする必要があります。
ボードには、平行で真っ直ぐな幅の広い側面(エッジ)が必要です。
厚板の額は、厚板の縦軸に垂直にカットする必要があります。額の正確さをチェックするとき、0.25mm以下の偏差が許容されます。
フェザーと溝は全長にわたって同じサイズで、ボードの背面から同じ距離にある必要があります。逸脱は最も許容されます
±0.25mm。エッジでプレーニングするときの波長は3mmを超えてはならず、顔の表面では5mmを超えてはなりません。小さめのパーツとくぼみは、最大0.3mmの裏側で許可されます。面の表面の深さ0.3mmまで、および背面の表面とエッジの下半分の深さ2mmまでの切断および破損部品が許可されます。

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください