ブログ

木工機械や作業場で作業する際の基本的な安全規則

のこぎりで作業するときは、回転部分と可動部分をすべてしっかりと保護する必要があります。また、保護装置によってスタッフの作業が困難にならないようにする必要があります。

製材所を稼働させ、ブレーキをかけるための装置を備えたカーブ機構は、下層階の作業員の知らないうちに製材所が稼働しないようにブロックする必要があります。製材所が配置されている部屋の上層階と下層階は、適切に設置され、問題なく機能する光信号で接続する必要があります。ブレーキ装置は、鋸がそれらによって任意の位置で停止できるようなものでなければなりません。木製のレバーでゲートを壊すことは許可されていません。

切断されるプリズムを支えるために、垂直プレートをのこぎりに配置する必要があります。これにより、切断される丸太またはプリズムの安定性が大幅に向上します。垂直駆動ローラー付きのガイド装置も設置できます。ガイダンスデバイスのすべての可動部分は、十分にフェンスで囲まれている必要があります。

製材所にある丸太(プリズム、半分)を手で持ってはいけません。保持トロリーがない場合は、バネ付きの吊り下げクランプを少なくとも2か所に配置する必要があります。

作業中にのこぎりの間に火がついた木片を手で引き抜くことは禁じられています。のこぎりカートの駆動機構とその上のギアは、十分にフェンスで囲まれている必要があります。

のこぎり台車が移動するレールは、床と同じ高さに配置し、線路が広がらないように棒鋼で接続する必要があります。フロントとリアのトロリーには、トラックの端で動かないようにするストッパーが必要です。丸太を固定するスピンドルの歯は鋭利でなければなりません。自動センタリング装置は、フロントソーの車椅子に取り付ける必要があります。

のこぎりが作動している間、丸太の結び目を切ることは禁じられています。

丸太はのこぎりを通過しますが、後で切断する必要のある別の丸太にぶつかってはなりません。

製材所が通常の歩行をしたときにのみ、丸太を製材所に解放する必要があります。わずかな異常(ドキドキ、水の過熱、歯の折れなど)に気づいたら、すぐに鋸を停止する必要があります。

アイドリング後、すぐにブレーキをかけないでください。

ゲートの操作中に、開口部を開けたり、ローラーを始動したりすることは禁じられています。

円形のこぎりで作業する場合、円形ののこぎりの刃の上部は、保護カバーでしっかりとシールドする必要があります。保護カバーは、切断する材料に自動的に下降し、木材を切断する歯を除く、のこぎりのすべての歯を覆います。鋸刃の下部も十分に保護する必要があります。

縦方向の切断機には鋸刃を装備する必要があります。ナイフの刃とのこぎりの歯の間の距離は最大10mmでなければなりません。ナイフの厚さは、のこぎりの広げられた部分または配置されていない部分の幅より0.5mm大きくする必要があります。スタンドののこぎりスロットは10mmより広くてはいけません。

ガイドは、円形の鋸刃と平行に配置する必要があります。このガイドは、パイルが鋸刃とガイドの間に挟まらないように、円形の鋸刃の平面から1mm離す必要があります。パイロットはプッシャーで取り外す必要があります。

機械的変位の場合、スタンドには、材料が作業者に戻らないようにするガードを装備する必要があります。

材料を動かす円形のこぎりのドライバーには、しっかりとしたクランプが必要であり、スタンドには適切なプロテクターが必要です。

クロスカッティングマシンで作業する場合、カットする材料を押すときはスライダーまたは他のアクセサリを使用する必要があります。プッシュレバーのスロットの幅は、間隔を空けた歯の幅より5mm大きくする必要があります。円形の鋸刃は保護キャップで覆われている必要があります。保護キャップは、切断時にガードを超えて突き出ている鋸刃の部分を覆う必要があります。

クロスカッティングマシンのドライバーには、安全なクランプを提供する必要があります。

機械式縦断切断機の場合、フィードローラーとクランプローラーの軸は、機械の作動軸の軸と平行でなければなりません。
追跡されたマシンの場合、ブレードスロットが配置されているトラックチェーンのトラックの中心は、円形の鋸刃の平面と一致している必要があります。
キャタピラーチェーンの前部全体は、保護カバーで十分に覆われている必要があります。クローラーチェーンとマシンベースの間に、木片が落下する可能性のある空きスペースがあってはなりません。

バンドソーで作業するときは、機械を始動するための装置に接続されているブレーキ装置の正確さに特別な注意を払う必要があります。鋸刃が通過する上下の車輪、および鋸自体は、金属または木製の保護カバーで覆われている必要があります。バンドソーを備えた垂直および水平の機械で材料を移動するローラーは、保護カバーで囲む必要があります。鋸刃が通過するポイントのバランスをとる必要があります。
バンドソーの下輪の上部にはブラシが付属している必要があります。

バンドソーが落下したりねじれたりしないように、特別なアクセサリを使用してソーブレードを取り外してホイールに合わせて調整する必要があります。

プレーニングおよびミリングマシンで作業する場合、プレーニングナイフには自動的に機能する保護装置があることに注意する必要があります。ナイフ付きのスイベルヘッドとテーブルの鋼板の間のギャップは、3mmを超えてはなりません。保護装置は、回転ヘッドの非作動部分をナイフで完全に覆う必要があります。
作業台の表面とプレーナーの端は、損傷した場所やその他の凹凸がないように平らでなければなりません。テーブルプレーナーを動かすガイドは、完全に水平な位置にあることを確認する必要があります。リフト機構は、テーブルの両方の半分を固定位置にしっかりと固定する必要があります。

変位機構はしっかりと閉じてください。すべての回転部品には、安全な保護バンパーとカバーが必要です。厚さが2mmを超えて異なる材料は、機械的変位のあるプレーナーでプレーニングしてはなりません。滑走機には、滑走要素の戻りを防ぐ安全装置が必要です。

歯付きローラーは、ひび割れや歯の破損がなく、無傷である必要があります。シフトメカニズムには、独立したオンとオフが必要です。トラクションローラーはしっかりと保護する必要があります。製粉設備の非稼働部分全体をカバーする必要があります。

テンプレートを使用する場合、処理する材料は、テンプレートとテーブル用の特別なアクセサリで固定する必要があります。
スピンドルの上端をサポートシャフトに固定しないと、円形のナイフや直径100mmを超えるその他の切断ツールでの作業は許可されません。
円形ナイフまたは回転ヘッドの機能しない部分は、金属カバーで保護する必要があります。円形のナイフや回転ヘッドを使用する場合は、スライダーを使用して材料を切断ツールに押し込み、そこに材料をしっかりと固定する必要があります。

ドリルや掘削機で作業するときは、すべての可動部品をしっかりとフェンスで囲う必要があります。材料は、特別なクランプでテーブルトップにしっかりと固定する必要があります。

小さな要素の穴は、機械式または空気圧式のドリルで開ける必要があります。
ドリルはフェンスで囲み、表面が滑らかで丸みを帯びた形状のカートリッジに固定する必要があります。

ミリングチェーンには箱型のフェンスを設ける必要があります。フェンスは、チェーンが木材に沈められたときに処理される要素の表面まで下降します。

ミリングチェーンの非作動部分とパンチングマシンのギアは、金属カバーで完全に保護する必要があります。ミリングチェーンのストップからの最大距離のサイズは、5〜6mmを超えてはなりません。 100台の機械を振ってはいけません。

旋盤やコピー機で作業するときは、切断ツールをしっかりとフェンスで囲う必要があります。

すべての回転部品には、丸い保護カバーが必要です。要素が旋盤から出た後、旋盤は強く回転したり振動したりしてはなりません。作業者には、粉々にならない気密ガラスマスクを提供する必要があります。

ベルト研磨機で研磨作業を行う場合、締め付けた研磨ベルトにシワやムラ、端の接合不良があってはなりません。

小さな湾曲した要素を研磨するときは、アイロンテープを格子フェンスで覆い、要素を研磨するための開口部だけを残しておく必要があります。労働者は革のシンブルを持っている必要があります。

集塵パイプは現場に設置する必要があります。仕上げ部門や建設現場での作業では、喫煙、ライトマッチ、灯油ランプ、電気溶接作業、電気ヒーターの使用は禁止されています。ストーブとラジエーターの温度は150を超えてはなりませんC、およびストーブとラジエーターは常にほこりを取り除く必要があります。

塗料は密閉容器に保管してください。
塗料、ワニス、その他の可燃性材料は、1シフトの必要量を超えない量で仕上げ部門に保管する必要があります。塗料とワニスの混合物を作ることは、そのために設定された部屋で行われるべきです。チャンバー、キャビン、テーブル、換気パイプ、ファンなど。塗料やワニスの痕跡を体系的に除去する必要があります。

タオル、綿綿棒など。油やその他の塗料に浸したものは、しっかりと閉まる金属製の箱に保管する必要があります。シフト作業の終わりに。これらの箱は掃除する必要があります。火花を放つ電気機器は、仕上げ部門の外に設置する必要があります。リブ付き冷却を備えた軽量機器は、ガラス張りの開口部のチャンバーの天井に設置されています。換気が不適切なワークショップ、チャンバー、キャビンでは、スプレーによる塗料やワニスの直接塗布は禁止されています。

コンプレッサー装置は、ワークショップの外に設置する必要があります。コンプレッサー装置、チャンバー、キャビンなど。接地する必要があります。

コンプレッサータンクは、ワークショップの壁から取り出す必要があります。その体積が25lを超え、体積と圧力の積が200 l / atmを超える場合は、ボイラー監督当局に登録する必要があります。

チャンバーとキャビンの作業開口部は、自然の光源に従って配置する必要があります。

塗装とスプレーを行う作業者は、装置の構造、塗料とワニスの特性、および仕上げ作業場での労働保護の規則に精通している必要があります。

ワークショップの気温は18から22の間でなければなりませんC。

スプレーブースの作業エリアに不要なアイテムがあってはなりません、

ゴム製の作業ホースの長さは十分でなければなりません。

職場では、キャビンの清掃と機器のメンテナンスのための付属品が必要です。

 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください