ブログ

ミリングマシン、フェザーアンドグルーブマシン、寄木細工のマシン

 プレーニングマシンは、木製の要素を処理して、正確な寸法とプロファイルを与えるために使用されます。ミリングマシンは、直線要素と曲線要素を加工し、特定のプロファイルに従ってそれらを加工するために使用されます。

20190927 140320 1

図1:SF4-3グラウトマシン

グラウティングマシンは、広い側面と狭い側面を一定の角度に保ちながら滑走するために使用されます。したがって、このプレーニングは、製品の最終処理のために広い側と狭い側に座面を作成するために行われます。グラウトマシンは、本体、テーブルの前部が長く後部が短い部分、ナイフ付きの回転ローラー、テーブルを持ち上げるためのメカニズム、およびガイドルーラー(ガイド)で構成されています。

ほとんどのマシンでは、マテリアルは手動で移動されます。ただし、追加のUPAデバイスをインストールすることで、オフセットを簡単に機械化できます。

SF 4-3グラウト加工機は、木材加工会社で非常に普及していました(図1)。それは独占的な船体、前部の細長いテーブル、後部の短縮された、2つのナイフを備えたローラー、アングルガイドと電気モーターを持っています。これには次の機能があります。

  • 最大滑走幅400mm
  • ナイフ付きローラーの直径125mm
  • テーブルの長さ:リア1100 mm
  • フロント900mm
  • ナイフでのローラー速度5000rpm
  • 電力3.2kW
  • 機械重量705kg

増粘機(シール)を図2に示します。これは、要素の幅の広い側面を平らにするために使用され、予測された厚さを与えます。

20190927 1021381

図2:両面増粘機S 2R -12

このタイプの機械は、材料の機械的変位によって片面と両面に分けられます。材料はローラーを介して移動し、特別な場合には両面機用のコンベヤーベルトによって移動します。この機械は、船体、テーブル、ナイフ付きローラー、材料またはコンベヤーベルトを移動するためのローラー、殻を切り刻むための鋼面、頬を締める、滑らかなローラーを下げる、持ち上げ機構、保護サポート付きのポイント、殻を真空にするための装置で構成されています。

20190927 102251

図3:片側増粘機SR 6-3

材料を動かすための全歯ローラーを備えた片面増粘機の場合、殻を細断するための鋼面の役割は、保護バンパーによって実行されます。建築要素の製造における木材加工のワークショップで作業する場合、最も一般的なのは、次の技術的特性を備えた増粘機SR 6 -3(図3)です。

  • 滑走幅600mm
  • 材料変位速度10.5-14.5m / mm
  • 取り外した殻の最大厚さ5〜6 mm
  • ナイフでのローラー速度4250rpm
  • ナイフ付きローラーの直径125mm
  • ナイフの寸法610x 40 x 3 mm
  • 3000rpmで7.4kWのブレードを備えた電気ローラーモーターの出力
  • 材料変位0.85kWの電気モーターの出力
  • 機械重量950kg

材料シフトローラーを備えたSR6〜3増粘機もあり、最大5 mmの厚さの差を持つ複数の要素を同時にプレーニングでき、マシンテーブル幅の50〜90%を占めます。

4面プレーナーは、さまざまな要素の幅の広い側面(エッジ)をプレーナーし、それらに特定の断面を与えることを目的としています。これらのプレーナーは、通常の木と細かいプレーニングのために、ライト、ミディアム、ヘビーに分けられます。プレーナーは、船体、ナイフ付き水平ローラー2つ、垂直ローラー2つ、移動用ローラー付きテーブル、サクションホッパー、テーブルを持ち上げる装置、シャフトにナイフ付きヘッドが取り付けられた電気モーター、および材料を移動するメカニズム付きの電気モーターで構成されます。

材料を動かすローラーの代わりに、より小さな寸法の重要な要素を細かくプレーニングするためのプレーナーには、コンベヤーベルトまたはコンベヤーベルトとローラーの組み合わせがあります。頑丈なプレーナーにはアイロンナイフがあり、グラインダーのように、プレーニング要素の表面をきれいにします(図4)。

20190927 102331

図4:アイロンブレードを備えた頑丈なプレーナー

どのタイプの旋盤を選択するかは、製造する必要のある要素と会社の規模によって異なります。たとえば、USSRでは、4面プレーナーSK-15がファインプレーニングに使用されていました(図5)。

20190927 102422

図5:ファインプレーニング用プレーナーŠK-15

この旋盤には、次の技術的特徴があります。

  • 加工材の最大幅150mm
  • 加工材の最大幅は20mmです
  • 加工材料の最大および最小厚さ75%10 mm
  • 処理する材料の最小長は400mmです。
  • 材料の移動速度7-9.5-13.5-24-33.5m /分
  • 1分あたりのナイフ付きヘッドの回転数3000
  • ブレード付き垂直ヘッドの電気モーターの出力、各3.2 kW
  • 上下水平ヘッドの電気モーターの出力、それぞれ4 kW
  • 1000rpmで材料を動かすための電気モーターの力
  • 旋盤重量2925kg

小規模な木材加工会社や地方の建設現場では、FS-3ブランドのプラグやスロットを作るための製粉機の幅広い用途があり、そこで製粉作業を行ったり、プラグやスロットを作ったりすることができます(図6)。

20190927 171642 2

図6:ミリングおよびスロットミリングマシン

ストッパーおよびスロットミリングマシンには、次の技術的特性があります。

1分あたりのスピンドル速度:

  • 作業ペンと溝3000
  • 製粉作業用6000-8000
  • スピンドル挿入径30mm
  • テーブルサイズ1000x 800 mm
  • 電気モーターの出力4.2-5.1kW
  • 1分あたりの電気モーターの回転数は3000です
  • 最大スピンドルスタート100mm
  • プラグとスロットを切断するためのディスク寸法
  • 直径250mm
  • 厚さ9mm
  • 旋盤重量530kg

プラグとスリッティング用の片側フライス盤は、必要な角度に配置できるように特殊な電気モーターのシャフトに固定された船体、電動スピンドルプラグ、および高速クランプで材料を移動するためのドライバーで構成されています。

その動きの中で、材料は最初に材料の端を切断する円形のこぎりに遭遇し、次にプラグを切断するための2つの水平ヘッド、次に斜め切断用の2つの垂直ヘッド、最後にスロット用のカッターがあります(図7)。

20190927 1024222

図7:両面ミリングマシンでプラグとスロットを作成するスキーム

マテリアルの移動は手動で行われます。厚さ150mm、幅400 mmまでの要素は、Š-06ミリングマシンで加工できます。製粉機の技術的特徴Š-06:

  • プラグの最大長200mm
  • 最大50mmのプラグ高
  • 最大125mmのスロット深さ
  • 最大30mmのスリット幅

1分あたりの作動スピンドルの回転数は3000です。
最大駆動ストローク1985mm
プラグとスロット用の両面フライス盤は、窓、ドア、さまざまなパネルなどの要素の前面の両方にプラグとスロットを作成することを目的としています。
この製粉機は、特別な電気モーターのシャフトに取り付けられた船体、12個の電動作業スピンドル、ガイドローラー、トランスミッションチェーン、方向付けおよびプレスレバーで構成される特別なコンベヤーメカニズムで構成されています。コンベヤーチェーンは、特殊な電気モーターによって作動します。スピンドルが機能する電気モーターは、支柱に取り付けられた支柱に取り付けられています。支柱の1つは可動式で、もう1つは固定式です。
可動コラムは、特殊な電気モーターによって処理される要素の長さに対応する距離に移動します。
材料が移動すると、最初に要素の前面を切断する2つの円形のこぎりに遭遇し、次にプラグを切断するための4つの水平ヘッド、次に斜め切断用の4つのヘッド、最後にスリットを切断するための2つのヘッドに遭遇します。
ŠD-12ブランドの両面フライス盤(図8)では、長さ2400 mm、幅1000 mm、厚さ150mmまでの要素にプラグを作成できます。
製粉機の技術的特徴ŠD-12:

  • 最大200mmのプラグ長
  • 最大50分のプラグの高さ
  • スパイク間の最小距離200mm
  • プラグの最小厚さ10mm
  • 1分あたりの作動スピンドルの回転数2850
  • 旋盤の寸法:
  • 長さ4980mm
  • 幅3935mm
  • 高さ1980mm
  • 旋盤重量7000kg

この製粉機には、材料の動きに関する4つの懸念があります。 3、5; 4、6、7、0 m /分。

20190927 102725

図8:プラグとスリット用の両面ミリングマシンの一般的な外観ŠD-12

 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください