ブログ

製材の乾燥時間

さまざまな要因に関して製材の乾燥期間を決定するために、機械木材加工のための中央科学研究所で開発された方法が推奨されます。

この方法では、木材の種類、材料の厚さ、幅と長さ、乾燥の品質、乾燥機の構造、初期および最終湿度を考慮した係数(表1〜8)が見落とされます。

表1:ツリータイプ別の係数

木の種類 スプルース、モミ 松の木 バーチ ブナ ラーチ オーク
係数 0 4 26 41 46 71

 

表2:材料の厚さによる係数

厚さ、mm 13 16 19 22 25 30 35 40 45 50 55 60
係数 0 9 16 23 28 36 43 49 54 59 65 70
厚さ、mm 70 80 90 100 110 120 130 140 150 180 220 280
係数 80 89 97 104 110 116 121 126 130 142 155 171

 

表3:材料幅別の係数

材料の幅と厚さの比率W:D

1.5まで 2 3 5 10
係数 0 5 9 14 18

 

表4:材料の長さによる係数

長さ、m 0.3-0.4 0.5〜0.6 0.7-0.8 0.9-1.0 1.0以上
係数 0 6 11 14 15

 

表5:材料の乾燥品質に応じた係数

乾燥カテゴリー 通常の製材の乾燥(IIカテゴリー) 家具用の製材の高品質乾燥、ワゴンの製造..(Iカテゴリー) カート、オークアーチを作るための高品質の乾燥..
係数 0 8 20

 

表6:乾燥機の構造に応じた係数

ドライタイプ SRC 向流循環あり 自然または弱い駆動循環 自然循環のある水路
係数 0 4 8 15

 

係数を計算する際には、条件付きマテリアルが考慮されました。条件付き素材とは、厚さ50 mm、幅150 mm、長さ1 mを超える松の板を意味し、初期湿度は60%、最終湿度は12%です。厚さ25mmのパッドの上に置いたこの材料は、自然空気循環のある乾燥機で6日間乾燥させる必要があります。

表1〜8に示す係数を使用すると、製材の標準的な乾燥時間を簡単に決定できます。

注:ドアの葉用のインサートを作成することを目的とした、厚さ40 mm、幅20 mm(幅と厚さの比率200:40 = 5)の長さ1.0 mを超える松の板の標準的な乾燥時間を決定するには(つまり、乾燥品質はカテゴリIです) )、初期湿度60%から最終湿度9%まで可逆空気循環が加速された乾燥機。

対応する係数は表にあります。 1-; K = 4 + 49 + 14 + 15 + 8 + 0 + 82 = 172。

 

表7:製材された木材の初期および最終湿度に応じた係数

初期湿度、% 極端な湿度、%
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 18 20 22 25
20 62 56 50 45 38 32 25 18 9 0 / / / /
25 70 65 60 55 50 45 41 35 30 25 6 / / /
30 75 70 66 62 58 54 50 46 42 38 25 15 30 /
35 79 75 71 67 64 60 57 54 50 47 38 29 21 7
40 82 78 75 71 68 65 62 59 56 53 44 38 32 21
45 85 81 77 75 72 69 66 63 61 58 50 45 40 31
50 87 83 80 77 75 72 69 67 65 63 55 51 46 38
55 89 85 82 80 77 75 72 70 68 65 59 55 50 44
60 90 87 84 82 79 77 75 72 70 68 62 58 55 48
65 92 89 86 84 81 79 77 75 73 71 65 61 58 52
70 93 90 88 85 83 81 78 76 75 73 67 64 61 55
75 94 92 89 87 85 82 80 78 77 75 69 66 63 58
80 95 93 90 88 86 84 82 80 78 77 71 68 65 61
85 96 94 91 89 87 85 83 82 80 78 73 70 67 63
90 97 95 92 90 88 86 85 83 81 79 75 72 69 65
95 98 96 93 91 89 87 86 84 82 81 76 73 71 67
100 99 97 94 92 90 88 87 85 83 82 77 75 73 69
110 101 98 96 94 92 90 89 87 85 84 80 77 75 74
120 102 99 97 95 94 92 90 89 87 86 82 79 77 76
140 104 102 100 98 96 95 93 92 90 89 85 83 81 78

 

表8:湿度低下後の時間における乾燥レジームの再計算の係数

材料湿度の低下、% 60-50 50〜40 40-35 35-30 30〜25
乾燥段階係数 0.11 0.14 0.08 0.10 0.11
材料湿度の低下、% 25〜20 20-15 15〜12 12-10 10-8
乾燥段階係数 0.14 0.17 0.15 0.11 0.14

 

 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください