ブログ

のこぎりとグラインダー

小型機械 (のこぎり、グラインダー)

小型機
 
実行されるマシン電気ドリル
 
電気ドリル、機器にすることができます仕事のための別の頭、または後として使用できます工作機械用駆動モーターdrugih種。実際、ワーキングヘッドとmaを備えたドリルに従ってドリルによって駆動されるレール駆動エンジンは純粋にフォーマルです。しかし、本質的な問題はエコです経済的収益性、必要なプロストーラ、使用頻度。エンジンドリルと同じ特性少しスペースを取りますが、価格が高いです。したがって、それらが私たちと一致する場合menoは必要ありません両方可能ドリル機能、それが報われるほどエンジンは1つだけです-エンジン電気ドリルと一連のツールとma適切な自己のないレールエンジン。
 
その後、すでにに従って使用することができます必要なのは、ドリル自体、またはツールの駆動部分としてドリルマシン。
 
画期的なのこぎり(またはのこぎりルパラ)
 
パンクチャーソー(またはホールソー)と呼ぶことができる最初のものです»ツール駆動モーターのない機械で "、一般的なツールの分割を念頭に置いている場合何、手持ちのツールとマシンツール。火それは変身する装置です交互のモーターの回転運動その後、のこぎりの直線運動が進みます再–ダウン。
 
のこぎり、長さ10〜15 cm、ストーリー私たちはその垂直ガイドに向かって叫びます。ボード上にドリルを配置するか、木の板、上から押す歯が木をつかむように、厚さ40ミリメートルまで木を切る、および最大2〜3ミリメートルの金属(月の場合)鋸刃を小さな歯でこすります金属用)。この種の機械は可能です装備し、金属ストッパーと並行して切断できるボードまたはボードの端。そうでなければ、ブレークスルー切断にはのこぎりを使用します円(より大きな弧の場合)後で他のalaによってより細かく処理されますチーム。貫通のこぎりは取り上げません広いスペース、高価ではなく、簡単で使用しても無害ですが特にカットした場合は少し遅いより厚い材料または金属。
 
ブレイクアウトソー 
サーキュラーソー
 
電気ドリルで私たちはプリックすることができますljučitiと小さな円形(円形)tesテル、木の切断に適していますボードと板(ただし、プラによると排他的にライン)、プラスチックボード、非鉄金属等の薄板マシンは、円形鋸刃、固定スタンド保護カバー付き、パラレル私たちができる背もたれ全体を並行して実行しますボードまたは厚板の端。
 
切削速度はよりはるかに速い交互ののこぎりで、しかしそれはしなければなりませんとても丁寧に使えます。不器用に扱うと、それは私たちを逃れることができます手(オブジェクトを跳ね返すため)私たちはカットする必要があります)そして真剣に私たちけがをする。それはまた破裂する、セラー金属片を聞く(そしてzašの隣簡単にできる保護カバー)怪我。
 
いわゆる「一体型」のこぎり、すなわち。ドリルに依存しないツールで、複数のアプリケーション。おかげで傾斜を変えるそり、縦方向のカットを報告できます横方向で、斜めにカットします。円形ののこぎりを置くこともできます以前のように、ワークベンチに適切な金属に固定するによって調整できるプレート深さと傾斜。そのようにテストします主題はそれであるため、raはそれほど危険ではありません移動します。または、不足しています仕事の屋台、私たちはそれを固定することができます4つの手段による金属板自体足なので、それでも機能しますストレートテーブルソー。与えられたveキャラクターの前進速度、円形テステラはこれまでのパフォーマンスを提供します家事の必要性を超えています。
 
各種テストシート装着可能re、通常は特殊鋼製、すでにある材料によるとカット。最も一般的なシートの例を次に示します鋸:
-中程度のセレーションのシート柔らかくて硬い木、
 
-の細かい歯のシート硬い木材と柔らかい木材、合板用、パネルおよびプラスチック材料、パネル用プラスチック、ベークライト、セルロースで覆われているzu、プレキシガラス、非鉄金属など。この種の葉は特に適していますから反対方向に切断するため木の繊維の方向。
 
-歯の広いブレードと切断用の硬質金属で補強プレスされた広葉樹と広葉樹ガラス強化プラスチック繊維;
 
-レンガ、アスベスト、鋳鉄製のアイテム、ケラマイク、石など。
 
円形のこぎり 
バンドソー
 
この機械はのための機械で作られています産業用、特に大工と建具。それはで構成されていますより大きなprecsの2つ以上のコイルからのもの(工業用は0.5メートル以上マシンとアマチュアのためのはるかに少ない使用)水平配置ベアリングの車軸上下に立っています。の一つプーリーは電気によって駆動されますトリックドリル、またはプレインストールエンジン。ストリップがリール上をスライドしますクレタ島の閉じた円で見たnja。 Roはマシンの中央に配置されます押し上げる金属板時間の主題(通常はボード)切断。リールは保護されていますlopclma、そしてのこぎりの開いた部分は安全のため、必要に応じて短縮最小ではありません。この種の機械は、かなり持っていない人には最適ですワークショップ、最も一般的に使用される人別の家に住んでいて、しばしばたとえば、木材を加工するときIetavaからのフェンスの建設、右屋根裏部屋に床を注ぎ、園芸用品等を保管するための小屋実際、マシンは非常に大きいですパフォーマンスと特別に調整されていますボードおよびボードの縦方向の切断用2メートル以上の長さ。この仕事パンクテストも実行できますrom、病気の円形のこぎりが修正されました作業台用、または手作業でさえもはるかに多くの時間が必要でした。 Uこの種の週末のこぎり丸太の切断にも使用されます暖炉やストーブ用の木-より多くの仕事、しかし、他のどののこぎりはできませんやること。
 
最近、小さいものが販売されていますモデル、バンドソー付きそれらを実行できる幅とタマネギがpreuでない場合、円形カットザック。この種の機械、重いもの彼らがの場合は10ポンド以上テープを話すことによって、彼らはすることができます金属をブロックに切断するためにも使用されますかなりの厚さのビマ。
 
バンドソー
振動グラインダー
 
そして振動(グラインダー)鉄mo任意として配信されますのコネクタとしての編み機電気ドリル。ハウジングはオンです偏心回転コネクタがありますトランスを回転させるドリル用に伝達される振動に形成されますデバイスのソール。サンドペーパー、それぞれ欺瞞的なサイズ、に固定ソールグラインダー。
 
振動グラインダーを使用木製または金属表面と軽量、フラット私たちが部分を横切るmernlmの動きの一部。粉砕はファーストクラスであり、に応じて、多かれ少なかれ元気になりますサンドペーパーの粒。そうでなければ、研磨紙は頻繁に交換する必要があります。馬レールは丈夫で安全に使用できますそして多くの努力を必要としません。
 
ベルトサンダー
 
電気buの接続の中でシャープナー、ベルト(グラインダー)アイロン振動するブルーの間のどこかにありますシリカとディスクグラインダー。最初の通常は低速で動作するこれらのマシンのうち、加工(アイロンと磨き)が可能初期)木の作業面または私タラ。ロータリーディスクグラインダーそれはより強力に機能し、私たちはそれでスキーをすることができますさまざまな固形堆積物、残り物を与える木などで見たが何より金属の作業、ストリッピングに適していますのこぎり、溶接部を揃えるパーツ、エッジを鈍らせるため、表面処理用の鋭いエッジ、彼らに特定の折り目を与えるシーリング時のグリップが向上し、ニス塗り。ベルトサンダーはもっと機能します振動の力、しかしmaディスクグラインダーよりも彼。いつ両手で密着、使用可能ブルーのモバイルマシンとしても必要鈍化のための木材と金属レベリング用のエッジと鋭いエッジ前の処理からの凹凸タラ。
 
机に取り付けることもできますが、アイロンをかけたいなら、挽いて、金属や木の一部を磨きます中型サイズ。そのことについては、機械を押したり動かしたりしませんro件名、私はすでに回転バーを付けます。このグラインダーはパーセントで構成されていますlja、これは作業に修正できますストール、ハンドルの保持から(必要な場合)移動可能)、および2つのワイドリール軽合金の、saに固定私のマシンスタンド。共同の1つツアーには電気接続がありますドリル、または独自のいくつかのためにエンジン。私たちができる無料のリール1つでズームインまたはズームアウト同じ張力装置menoを使用すると、テープを交換して動作中に滑るのを防ぎますリール付き。
 
ベルトサンダーとスタンド 
フロントディスク付きテーブルグラインダー
 
そしてこのテーブル(固定)グラインダーと額このディスクで私たちはどちらかを得ることができます電気ドリルの接続として、独自の独立したマシンとしてドライブ。常に取り付けられています机のためにそしてそれはディスクを持っていることによってテーブルに垂直に配置、いいえ彼から何インチ離れているか表面。それらはディスクに接続されています小さく、シンプルで、広い中央にねじ込む、丸い研削ガラスビーズ付きの紙またはキャンバス、もちろん、さまざまなグラデーションの。高さでディスクの中心、レール上をスライドします可動金属板、その上に作業項目を設定し、それを使用してpriディスクを押します。これが私たちが危険を回避する方法ですオブジェクトが滑ったり、滑ったりする能力ディスクに対して間違って設定しました。
 
このマシンで、それは最高ですマルチスピードエンジンを搭載していること、金属の正確な測定または以前は木製のオブジェクト切る。マシンで高い達成精度と私たちはそれを完全に得ることができますからの垂直加工面オブジェクトの縦軸に鼻を向けます。にそのようにして、スラット、パイプ、レインボーを処理します細い板、木、金属、真鍮、プラスチック、さらにはガラス、材料ごとに選択されている場合適切なサンドペーパー。
 
時々フェイスグラインダーを使うことができますアイロンや研磨にも使用されます保持できる小さなアイテム手に。その場合、処理する必要があります手で触れないように注意してください怪我が発生する可能性があるため、ディスク。
 
研磨ディスク
 
砥石の主要部分はrotiです保護カバー付きのディスクさまざまな研磨剤が付着している(研磨性)粗い粒子の材料。それは主にモバイルマシンですより粗い処理に使用しますしびれエッジなどの金属、溶接シームの位置合わせ、研削より深く影響を受ける表面腐食がなく、古いワニスを取り除き、同様に。それ以外の場合、マシンは簡単に実行できます愚痴、しかし注意が必要です彼の手から滑り落ちた。
 
折りたたみ式円形のこぎり
 
折りたたみ式の円形のこぎりは実際には円形のこぎりの特別なバージョン、調べてください産業機械またはmnoからのdena小さい寸法になります。彼はそれを動かすことができますタチ電気ドリル、または独自エンジン。円形折りたたみ鋸とそのモーターはユニットに連結されていますnuワークトップ、および装備それが全体になることを可能にするハンドル機械は飛行機に向かって上下しますプレート。
 
ワークトップでは、ウェッジとクランプをセットしてパーツを固定しますのこぎりが入っている間にカットする必要があります上の位置。エンジン以来ハンドルハウジングを使用して操作を開始のこぎりで下げて始めます切断。このタイプののこぎりはあなたが切ることを可能にします歯、パイプ、フレームのプロファイル、回答された他の項目折りたたみ回路のより大きな寸法のテスターではありません。交差点が実行できますあなたは非常に正確にそして異なるコーナー。
 
高速でカットします木材、金属(パイプおよびその他のプロファイル)軽合金と鋼の)適切なテスシートを使用しますまた、エンジンを低く設定したい速度。機械を買うことは報われるだけですシステム化すると予測した場合のこぎりに使用大量の材料。
 
円形折りたたみ鋸 
振動するのこぎりとのこぎり
 
振動のこぎりは典型的な機械ですカットを扱うモデラーと職人バルストボと上質な大工、オモだから非常に正確でグチャバ血に沿っても高速で素材をカットします非常に小さな玉ねぎのワイン。母jalは合板、プラスチック、より柔らかい合金の金属板、焼くra、そして時にはより穏やかな鋼のシート。マシンのハウジングはに取り付けられています1つの円形または正方形のプレートこれはサポートとして機能し、その価格を通じてタールは薄い刃を通過します。私の中にレール振動システムはのこぎりを与えます小さいで速い上下の動き歩行(1cm以下)、ただし十分材料をより速く切断します。もっと早く結局のところ、鋸引きはありません必要な精度と互換性がありますこれらのツールでteva。
 
もありますバイブレーター付きホールソー通常のハンドテスのように扱われますterom ruparom、aliudršku、koja je電気ドリルハンドルと同じくらいの大きさ、バイブレーターがあります。私はそれらを拾うことができます電気または与えられたバッテリーのいずれかを動かす彼らは小さな力だと。
 
テーブルグラインダー
 
テーブルグラインダー(グラインダー)は取り付けベース付きモーターデスク用で、通常は2つの研磨剤です石、それぞれの端にモーターシャフト。通常は2つありますオブジェクトが置かれているプレート2つの保護カバーも処理されます。2つの砥石は異なるグラです無効化、すなわち。 1つは大きなzrですnom、およびはるかに小さいものを持つ他のもの。に粗粒の砥石がくすんでいるオブジェクトの鋭いエッジ、位置合わせ小さなエリアなど。グラインダーで細かい、細かい粒子で、最初に行われます研ぎ道具(ノミ、プレーナーブレード)等)後日完成予定特別な砥石で手動でメニュー。
 
私たちはこれらのマシンと一緒にいる必要があります非常に注意深く、私たちはすでに彼女の仕事にとても精通している。科目ゆっくりとしっかりと保持する必要があります彼はそれに傾向があるので、砥石に近づいています引っ張る。機械は通常機器です保護ガラス1枚付きのイジェナ(火花)常にある必要があります固化:ほとんどの目の怪我それはまさにブルーの仕事のために起こりますこの保護部分のない、そしてないシルチから保護する特別なゴーグル火花、のこぎりなど。によるこれに、テーブルグラインダーはそれ自身ですプロの手を振る機会オンで、作業が難しく、机やによく取り付けられている壁のコンソール。
 
小型モデルもご利用いただけます電気buへの接続としてのモータースパイク。これらのモデルには通常poがあります1つの丸い砥石。
 
砥石 
チェーンソー
 
チェーンとmoを備えた古典的なのこぎりから内部燃焼を伴う肥料、ランバージャック、izvによって使用されます小さい寸法ののこぎりもあります電気駆動。ニョメ小さな木や低木を切り倒すことができます。からそれを所有している人だけにそれを使用してください広い庭。
 
チェーンソー
 
 

質問はありますか?いいねをクリックするか、コメントを書いてください